全国旅手帖萩焼(史跡・名所・レジャー施設)

萩焼写真 萩焼タイトル
建造物
菊屋家住宅(きくやけじゅうたく)

◎国の史跡に指定されている萩城城下町には、かつて武家屋敷や町屋が軒を並べていました。今も道筋には当時の面影が色濃く残っていますが、そのシンボル的存在が菊屋家住宅です。萩藩の御用達をつとめた豪商の屋敷で、その広大さにビックリ!日本でもっとも古い町屋のひとつで、主屋、本藏、金藏、米藏、釜場の5棟が国の重要文化財に指定されています。
住所 山口県萩市呉服町1-1
TEL 0838-25-8282
OPEN 9:00〜17:30(入館は17:15まで)
休業日 12月31日
料金 一般500円、中高生300円、小学生200円
アクセス JR山陰本線・萩駅よりまぁーるバス西回りで31分、「萩博物館前」下車、徒歩3分
URL http://www.haginet.ne.jp/users/kikuyake/
景観
藍場川(あいばがわ)

◎絵になる場所の多い萩ですが、ここ藍場川沿いは歴史的景観保存地区に指定されたおすすめスポットです。川に沿った旧湯川家住宅の台所には、なんと、家の中から川の水が使えるように工夫された「ハトバ」と呼ばれる洗い場が残っていたり、風情のある石橋など、江戸の生活情緒たっぷり。カメラ片手のそぞろ歩きにピッタリです。
住所 山口県萩市川島
アクセス JR山陰本線・萩駅より萩市街北東一帯
建造物
松陰神社/吉田松陰歴史館

◎幕末の思想家・吉田松陰を祭神とする神社。境内には、高杉晋作など維新の指導者たちを育成したことで知られる松下村塾(国指定史跡)や、松陰幽囚の旧宅、墨跡展示室などがあります。時代の先覚だったがために、あまりに短く激動の生涯を送った天才の一端に触れることができます。
住所 山口県萩市椿東1537 
TEL 0838-22-4643
OPEN 吉田松陰歴史館/9:00〜17:00
休業日 無休
料金 吉田松陰歴史館/大人500円、中高生250円、小学生100円
アクセス JR山陰本線・東萩駅下車、徒歩17分
URL http://www.shoin-jinja.jp/
景観
鍵曲(かいまがり)

◎萩城下に残る、鍵の手のように曲がった江戸時代の道筋。進入した敵を迷わせ、追いつめるためのもので、左右が高い土塀に囲まれ、迷路のようになっています。まるで時代劇のセットのような景色が、萩情緒たっぷりです。
住所 山口県萩市平安古(萩城城下町周辺)
TEL 0838-25-3139(萩市観光課)
OPEN
休業日
料金
アクセス JR山陰本線・玉江駅下車、徒歩15分
建造物
萩城跡

◎慶長9年、関ヶ原の役に敗れた毛利輝元が築いた城跡です。明治7年に解体され、現在は壕と城壁の一部、石垣が残っています。旧本丸の一部は指月公園となり、春は桜の名所となっています。
写真:萩市観光協会パンフレット抜粋
住所 山口県萩市堀内
TEL 0838-25-1826
OPEN
休業日
料金
アクセス JR山陰本線・萩駅からバスで「萩城跡・指月公園入口」下車、徒歩2分

※掲載情報は変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください

陶芸通信講座広告