全国旅手帖萩焼(美術館・陶芸館)

萩焼写真 萩焼タイトル
美術館
石井茶碗美術館

◎茶陶の里・萩ならではの、やきもの美術館です。故石井規源斎氏が収集した個人コレクションで、江戸初期の古萩を中心に、萩焼の原点ともいえる高麗や、瀬戸、伊万里など貴重な茶碗の数々が鑑賞できます。
住所 山口県萩市南古萩町33-3
TEL 0838-22-1211
OPEN 9:00〜12:00、13:00〜16:45
休業日 毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、冬季休業有り
料金 大人500円、小中高生300円
アクセス JR山陰本線・萩駅よりまぁーるバス西回りで17分、「萩美術館浦上記念館・萩地方合同庁舎前」下車、徒歩5分
萩焼資料館

◎萩焼の歴史に触れたいなら、萩城跡の入口近くにあるここを訪ねましょう。なかなかお目にかかれない古萩が400点もあるほか、変わったところでは江戸期の細工物なども展示されています。初代の坂倉新兵衛や坂高麗左衛門作の名品も、もちろん見逃せません!
住所 山口県萩市堀内萩城跡502-6
TEL 0838-25-8981
OPEN 9:00〜17:00
休業日 無休
料金 大人・大学生500円、高・中・小生300円
アクセス JR山陰本線・萩駅よりまぁーるバス西回りで34分、「萩城跡・指月公園入口」下車、徒歩4分
美術館
山口県立萩美術館・浦上記念館

◎萩出身の実業家・浦上敏朗氏の寄贈による東洋陶磁と浮世絵を中核に展示。陶磁は紀元前3000年頃の彩陶から明代後期の古染付までがあり、漢の緑釉、唐三彩、高麗青磁など、めったに拝めない優品ぞろい。浮世絵に至っては北斎、歌麿、写楽ら、超一級のコレクションが鑑賞できます。
住所 山口県萩市平安古586-1
TEL 0838-24-2400
OPEN 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休業日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
料金 一般300円、学生200円 ※企画展は別料金です
アクセス JR山陰本線・萩駅よりまぁーるバス西回りで17分、「萩美術館浦上記念館・萩地方合同庁舎前」下車すぐ
URL http://www.hum.pref.yamaguchi.jp/
美術館
見学
ショップ
体験
吉賀大眉記念館(よしかたいびきねんかん)

◎吉賀大眉(1915〜91年)は文化功労者、日本芸術院会員でもあった陶芸家です。伝統的な萩釉に鉄釉などを重ねた独創的な作風で、萩焼の芸術性を追求しました。ここでは初期〜晩年までの作品はもとより、水墨画、スケッチ、原材料など、また本人がコレクションした古萩、東洋陶磁などが展示され、大作家の全貌に触れることができます。登窯や作業風景の見学、展示販売も行っています。
写真:吉賀大眉記念館パンフレット抜粋
住所 山口県萩市椿東4481
TEL 0838-26-5180
OPEN 9:00〜17:00
休業日 無休
料金 大人500円、大高生300円、中小生200円
アクセス JR山陰本線・東萩駅下車、徒歩15分
URL http://www.taibi-hagi.jp/
美術館
熊谷美術館(くまやびじゅつかん)

◎萩藩御用達として栄えた豪商・熊谷家、その代々が収集した美術工芸品を展示しています。熊谷家住宅は国の重要文化財に指定された由緒ある建物で、そのうち土蔵3棟を美術館としたもの。萩焼の名品をはじめ、茶道具、雪舟三幅対など書画屏風類が見どころです。
住所 山口県萩市今魚店町47
TEL 0838-25-5535
OPEN 9:00〜17:00
休業日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
料金 大人700円、小人400円
アクセス ・JR山陰本線・東萩駅下車、徒歩20分
・JR山陰本線・萩駅からまぁーるバス東回りで9分、「熊谷美術館前」下車すぐ
URL http://www3.ocn.ne.jp/~kumaya/

※掲載情報は変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください

通信教育広告